Home » Otoko ippiki gokuraku gokuraku by Kazuma Nishida
Otoko ippiki gokuraku gokuraku Kazuma Nishida

Otoko ippiki gokuraku gokuraku

Kazuma Nishida

Published September 19th 2013
ISBN :
Kindle Edition
130 pages
Enter the sum

 About the Book 

主人公板倉倫太郎はメガバンクの支店長を経験し本部の営業統括副部長に栄転。しかし上司に対して自分の意見を押し通すタイプ。頭取候補といわれる常務に反発し証券会社に左遷される。一般的な銀行員タイプでない。しかし学生時代に落語部に在籍していたためその話力を買われシンクタンクの講演会講師として転籍される。ここで経済の基本を徹底的に仕込まれ定年後は講演会の講師として全国を回っている。また離婚しており気楽な独身生活を送っている。何故か女性にもてる。「男一匹極楽ごくらく」である。More 主人公板倉倫太郎はメガバンクの支店長を経験し本部の営業統括副部長に栄転。しかし上司に対して自分の意見を押し通すタイプ。頭取候補といわれる常務に反発し証券会社に左遷される。一般的な銀行員タイプでない。しかし学生時代に落語部に在籍していたためその話力を買われシンクタンクの講演会講師として転籍される。ここで経済の基本を徹底的に仕込まれ定年後は講演会の講師として全国を回っている。また離婚しており気楽な独身生活を送っている。何故か女性にもてる。「男一匹 極楽 ごくらく」である。 一方園田文子は横浜の名門女子高の教頭をしている。離婚こそしてないが夫とは冷戦状態にあり、自分の蓄えた資金でマンションを買い夫とは離れ自立している。性格は堅実で不倫など考えた事もなかった。 こんな二人が偶然の機会で出会い恋愛関係になる。堅物だった文子は倫太郎に女としての悦びを教えられる。 高度成長時代に仕事一途で邁進してきた定年後の男性は目的もなく悶々とした人生を送っているケースが多い。それに対し倫太郎は仕事も充実しており女性関係も華やかである。 今回の小説では中高年の男性が羨む出来事をばんばん入れ、こんなஶ